So-net無料ブログ作成

【64】またやっちゃったメモ3 [保育園送迎記]

 もうそろそろ退院の予定も入りだす頃になっても、37、8度の熱が続き、なかなか下がらない。おまけに不整脈が出た。これは自覚症状がなにもない。こういう手術をすると往々にして出るものらしい。循環器内科に回されて心電図とって薬を飲むようになった。おまけに携帯心電図読み取り無線装置(?)を24時間付けさせられた。ちょっとでも外れると看護士さんが飛んでくる。これが邪魔臭くてたまらない。

 熱に対しては、またレントゲン、血液、エコーなどの検査である。ところが内科の診断でもなんでもない。ただ、レントゲン検査で、肺の底にかすかな影が見える。ひょっとして肺炎? これはまずい。ところが痰も咳もでないので、確定できない。丸1週間抗生剤を点滴することになった。朝7時、昼2時、夜10時と1日3回。「これ1本いくらするんだろう?」と思わず考えてしまう。1週間経った頃やっと熱が下がりだした。肺炎かもしれないが、胸膜炎だろうということになった。X線画像では両者を判別できないのだ。

「抗生剤が効いてきたんですかね?」と医者に効くと「いや、単に自己治癒力かもしれません」という。ふつうほっといても治ることが多いのであるが、かといって何もしないで、悪化しても困るので、抗生剤の投与を決めたわけだ。肺炎が悪化したら最悪である。でも、こうやって薬剤耐性菌を増やして、院内感染のもとをつくっているのかもしれない。ただ、お年寄りなどの場合、こういうときの肺炎でこわいのは、誤嚥性肺炎である。年を取るのはやっかいなことである。

 熱も下がったので、退院だ。結局25日間の入院であった。11月11日、小雨の中をわが家へ帰ってきた。入院するまで74キロあった体重は68キロまで下がった。帰ってからさらに下がって現在65キロである。BM!は20以下になった。それにつれて血圧も下がって、上が100前後(90台が多い)、下が75くらいである。ずっと高血圧だったのが、適正を通り越して低血圧である。これでは体力がつかない。座っているときに何かの用を足すために立ち上がるまで10分もかかる。おっくうというのではない。体力気力がついていないのだ。立ち上がれば立ちくらみがする。果たして、以前の通りにとは言わないが、せめて8割くらいまで体力が回復するのにどれくらいかかるのか。

 退院して1ヶ月経ったが、散歩の距離も少しずつ長くなっていった。ただ、歩き出しの息の整え方がむずかしい。息苦しくて、ハーハーとなる。腹式呼吸を努めてはいるが、苦しさには勝てない。歩き出しを過ぎてペースに乗れば呼吸は楽になる。歩き終わりはまた苦しい。息の整え方が難しいのだ。こういうことを繰り返して行くしかない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0