So-net無料ブログ作成

【73】肺機能の低下で考えたこと [保育園送迎記]

 今日はまた暑さがぶり返しているが、ここ数日気温がだいぶ下がっていたせいか呼吸がずいぶん楽になって、暑い今日も以前よりはだいぶましになった。雨が降っても楽に感じられることもあるが、気圧も関係しているのかもしれない。呼吸をするなど、健康な人ならだれも意識しないだろう。私だって、若い頃から走る、泳ぐ、山に登る等々、有酸素運動はずいぶんとやってきた。これらの活動にはまずは肺と心臓の十分な働きが必須であるが、だれもこういうことをことさら意識はしないだろう。

 でも、肺や心臓の働きが損なわれれば、だれでもなくしたものを強く意識することになる。今まで難なくこなしていたことができなくなる。長い時間をかけての老化現象ではなく、病気やケガによってその能力が断ち切られる。もう元に戻って能力を回復することができない。これはとてもつらいことである。ああ、もう私はああいうことができなくなった、と。

 ところが、である。デフリンピック、パラリンピックなどで活躍するアスリートたちを見れば、そうとばかりもいえない。たとえ手足の機能がなくなっても、視力や聴力が失われても、彼らは勝利や記録を目指して挑戦を続ける。登山家の田部井淳子さんは末期がんの身でありながら、「それがどうした」とばかりにそれこそ死ぬまで山に登り続けた。余命はあと3ヶ月ですといわれた田部井さんは「あら、そう」と言い放ってまた山へ出かけたそうである。

 雑誌『図書』に作家の高橋三千綱さんが自分の闘病生活を書いている。重度の糖尿病、同じく重い肝硬変、さらに食道がんと、致死性の病気に重ねておかされながら、酒は飲むわ、入院中のベッドで深夜まで執筆を繰り返したり、長距離バスに乗って関西までゴルフをしに行ったり、と破天荒である。多分に無頼派作家の無軌道ぶりのようであるが、書かれた文章はわかりやすくビビッドである。役に立つ医学情報も盛り込んである。感心できる振る舞いではないところもあるが、人間、ここまで苦境に陥っても、これだけの仕事ができるというのはたいしたプロ根性である。

 こういった人たちの行動を見ていくと、努力、克己、といったこともあろうが、あんまり常識や周囲の意見にとらわれないことも決して間違ってはいないということである。医者と対話を繰り返しても、「これが正解だ」ということが整理されて見つかるわけではない、ということが自分の経験からもよくわかる。

 さてさて、夏休みでヒトシはずっとわが家に連泊して朝は一緒にラジオ体操に行き、サマースクールだ水泳教室だ、と言っては小学校に出かけている。先週1週間はレンは夏風邪で休みっぱなし。おまけにタックンは手足口病に罹って、ダウン。やっと今日から2人そろって保育園に行った。おかげでしばらくは孫の面倒見が続く。

P1010053.JPG


 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0