So-net無料ブログ作成
検索選択

〔5〕ビートルズからクラシックへ [みたび寄り道]

 ボブ・ディランストーンズもず~っと今もって活動を続けているが、ビートルズは1970年に解散した。むろん、これ以後も彼らの音楽を聴き続けてきたが、新たなロックバンドやアーティストには興味を持てなくなった。ストーンズやディランにしてもこのへんから先はあんまり熱心には追わなくなってきた。再びロックを聴くようになったのはずっと後のブルーススプリングスティーンとU2が出てきて暫くたってからである。スティービー・ワンダーもエルトン・ジョンもビリー・ジョエルもいい曲はもちろん多いが、深くは刺さってこない。それなら、ジャズやブルースのほうへ行ってもよかったのだが、クラシック音楽に挑戦してみようと思った。これは大学を卒業して就職してからのことである。

 大学卒業後の勤務先は現在のJR水道橋駅のそばだったので、秋葉原の電気街へはしょっちゅう通っていた。石丸電気は今は見る影もないが、当時は家電はもちろん、レコードや後のCDの品揃えは豊富であった。毎日のように通っては、クラシック関連のレコードを眺めては、1枚また1枚と買っていった。やっとの思いで買ったステレオセットはパイオニア製であった。アンプにチューナーにスピーカーセット、レコードプレーヤー、カセットテープレコーダーを必死の思いで買った。ガラス戸のついた立派なラックは今ももの入れとして使っている。

 レコードもいいが、そうしょっちゅう買えるものではないから、NHK-FMのクラシック番組からのエアチェックがもっぱらであった。当時、NHK-FM東京で土曜日の午後はクラシックのリクエスト番組をやっていた。ここではわりとポピュラーな曲がかかるので、これををかたっぱしから録音する。ベートーベン、モーツァルト、ブラームス、チャイコフスキーといった誰でも知ってる交響曲が入門コースである。

 ソニーのウォークマンが流行りだしたのもこの頃ではなかったか。エアチェックしたカセットテープをいくつもリュックに詰めては、山歩きをするのが無上の楽しみだった。45分とか60分とか歩くのに計算が立つのである。これが終わるとちょうど45分だから小休止だとか思いながら歩くと不思議に疲れない。会社の同僚から借りたマーラーの交響曲をダビングしたカセットテープはどれだけ聴いたかわからない。ズービン・メータ、レナード・バーンスタイン、小沢征爾といった人たちが、盛んにマーラーを演奏していたころだ。

 マーラーは「いずれ私の時代がくる」と言っていたそうだが、100年経って、オーディオ機器が発達して、だれでも聴けるようになったので、その時代が来たのだ。

〔4〕あの時代の登校拒否、ひきこもり [みたび寄り道]

 高校時代からの友人Sについてはいろいろな思い出があるが、今で言う登校拒否、引きこもりをしょっちゅうやっていた。もう1人の友人Tも性格は違うが、登校拒否の常連だった。今と違って、いじめとか心の病とはまったくとは言わないが、あんまり関係なかった。要するに学校へは行きたくない。あんなとこに行っても意味がない、ということであった。Sの両親は学校教師で、昼間誰も家にいないので、彼は夜中起きていて、昼間はいつまでも寝ていた。

 われわれの担任はI先生といって、この先生も変わり者で自由放任、なんにももうるさいことは言わない。授業はすぐに脱線して関係のない話ばかり。Sが今日も教室にいないとわかると、私に「迎えに行ってこい」と言いつける。私はこれ幸いとばかりバイクでSの家に行く。Sを起こして、彼が持っているステレオで、ピンクフロイド、キンクス、ムーディブルース、ザ・フー、ドアーズ、ウイッシュボーンアッシュなどをひとしきり聴いてから、彼を乗せて高校に戻ってくる。

 もう1人のTも迎えに行ったことがある。こちらはどうも家族関係がネックのようである。1人母屋と別棟の納屋の2階に寝ていた。私が迎えに行ってもこちらもまだ寝ている。雪の降る寒い日だったが、納屋の2階だから雪が吹き込んでくる。よくあんな寒いところで寝られたものだ。SもTも結局は留年したが卒業して、Sは東京のM大に、Tは地元福岡農業専門校に進学して自宅農家を継いで柿農家になった。

 60年代後半はビートルズの最盛期であった。さらにボブ・ディラン、ローリングストーンズ、ビーチボーイズなど歴史的なバンドやアーティストが、プレスリーが一時の勢いを落とした時代にロック界を席巻した。そこへサイモン&ガーファンクルというデュオが登場した。当時はフォークロックとか言っていたが、名曲、名歌、名歌唱でわれわれ若者をとりこにした。「レット・イット・ビー」と「明日にかける橋」が同じ年のナンバーワンを競ったりした。ポール・マッカートニーとポール・サイモンの両ポールが希代のメロディーメーカーとしてたたえられたりした。そういえば「卒業」という映画が大ヒットしましたな。ダスティン・ホフマンとキャサリン・ロスでしたっけ。かわいかったな。

 サイモン&ガーファンクルが何度目かの再結成をして2009年に来日公演したとき東京ドームまで聴きに行った。「アイ・アム・ア・ロック」「冬の散歩道」そして「ボクサー」……ナツメロメロディーはやはりじんとくる。2002年にはポール・マッカートニーのコンサートにも行ったが、これも出だしの「ドライブ・マイ・カー」が演奏されだしたとたん感動して涙が出そうになった。だって、ビートルズが目の前にいるのである。田舎の高校のあんちゃんが、月よりも遠いところにいるポールやジョンにあこがれていた時代を思えば、わかるではないか。

【56】とうとう卒園式まで来た [ほいくえん送迎記]

 先々週の5日は保育園の卒園式であった。ヒトシはなんだかんだと言いながら、5年通ったことになる。感慨無量の思いにもなる。卒園とは言っても、まだ3月いっぱいは通う。そりゃそうだな。私は出なかったが、レミママが撮ってきてくれたビデオを後でじっくり見た。
 
 ここ2年ほどお世話になったS先生。とてもいい保父さん(とは言わないのかな)で、ずっとめんどうを見てくれていた。いつも元気いっぱいで冬でも半袖Tシャツ子どもたちと走り回っていた。その先生が、式の最後に子ドもたちから花束を贈られて、泣いているではないか。聞けばまだ30歳だという。いつもニコニコして、心のこもった受け答えをしてくれる。ああいう人がいるから保育園は運営できるのだなあといつも思っていた。先日、ヒトシたちを迎えに行った時、「長い間お世話になりました」とお礼を伝えた。

 最近、「保育園落ちた日本死ね」というブログが話題になって、国政まで動かそうとしている。私もあれを読んで、ほとんど同感した。言葉が乱暴であるが、だからこそ、訴えるものがあると思った。文章としてなかなかよくできているのである。オリンピック関連の予算のことやら、国会議員の不実さを訴えることも同感できる。やはり、子育てや教育に関しては国の方向性を根本的に考え直す必要があると思う。高齢者福祉ももちろん重要だが、その必要がない豊かな高齢者も想像以上に多い。今の年金給付などは現役時代の苦労と実績の結果でもあるから、とやかく言えることではないが、やはり今の若い世代の子育て環境などを思えば、思い切った政策転換が必要だと思う。

 民主党時代の子ども手当を配偶者控除なくすことで充当するという政策もすすめるべきだ。高齢者の病院での窓口1割負担も早く上げるべきだ。高齢者同士の所得再分配を工夫してやれないものか。安倍首相はこういう福祉/社会政策に嫌悪感があるらしい。だからといって、法人税減税にあれほど一生懸命になるのもいかがなものか。教育も福祉も治安もこれだけ整っている日本では今の法人税は当然のコストだと思うのだが。あれだけの内部留保を使う手だてもなく遊ばせているのはただ経営能力がないからだけではないのか。若い共働き世代が怒るのはよくわかる。少なくとも理解しがたい状況であることだけは確かである。

 それにしてもである。住民税非課税65歳以上、65歳未満の障害基礎年金と遺族基礎年金の受給者計1250万人に臨時福祉給付金3万円というのはなんだろう? 住民税非課税でも資産家というのはいくらでもいるのではないか。そういう人は除くのかな。こういうのをばらまきというのではないかな。景気対策にしてもあっというまの線香花火だろうし、もちろんとても助かる人も多いだろうが、3万円もらってもどれだけの生活の足しになるのだろう。わからん。この分だと消費税増税もまた延期かな。

 話が飛びすぎてしまった。ヒトシもタックンも今日も元気で保育園に行った。桜の花が咲きだすとヒトシは小学校だ。これからも健やかに育ってくれることを願うばかりだ。

 

 

〔3〕私が聴いてきたボブ・ディラン [みたび寄り道]

 ボブ・ディランで言えば「ブロンド・オン・ブロンド」が出た頃である。もう45年以上も前のことになる。いまだに現役ばりばりで世界中を飛び回って、ロックの伝説を生きながら体現している。私は傾倒すること今現在に到る。おそらくロック音楽に限らず、世界中に文化・思想面などで影響を与え続けてきた偉人とも言える人物である。

 このボブ・ディランの日本で最初のコンサートを武道館に聴きに行ったのはいつのころであったか。調べたら78年とあるから38年前になる。目の前でディランが歌っている。もうそれだけで特別な時間が流れるのである。それ以後、来日した時2度聴きに行っている。愛想なし、サービス精神なし、曲目紹介もなしで、歌うたびにアレンじをを変えて歌うから、どの曲かわかるのは演奏が始まってしばらく聴いたあとである。最後までわからないこともある。

 浪人時代、難解で知られる彼の歌詞を辞書と首っ引きで訳そうとしたことがある。レコードについている日本語の訳詞がさっぱりわからないからである。英語勉強にもなるかと思って。「My Back Pages」という、感動的なメロディで自伝的な内容である。全部の単語を辞書に当たっても「なんとなく」しかわからない。彼の曲はほとんどが文学、宗教、歴史、民族伝説、などの素養を元にレトリックを駆使しているので、理解がすこぶるむずかしいのである。アメリカ地元でもディラノロジストと呼ばれる研究者が解釈に躍起になっているくらいだから、文化や宗教の背景が違う日本人が理解しようとしてもできるはずがないのである。

 もっとも彼自身がそういう解釈ごっこにいやけがさして、いつの頃からかアルバムに歌詞カードを入れないようになった。「あんなもん、意味がない」と彼自身が言っている。(しかし「風に吹かれて」「ライクアローリングストーン」といった初期の代表作は文学的な詩ではあるがこれはよくわかる。誰が読んでも見事な詩である)

 彼の最盛期は、この「Blonde On Blonde」にいたる「Bringing It all Back Home」「Highway 61 Revisited」あたりで、もういつ聴いても、なんべん聴いても飽きない。日本で言えば昭和40年頃。50年前である。もちろんその前のフォークソング(プロテストソングなどとも言われた)時代のアルバムも緊張感にあふれた傑作揃いである。さらに近年もさらに進化した曲を盛んに生み出し、現実にセールス面でもトップを取ったりしているからもう化け物である。

 今はもういいおじいちゃんで、ときどき孫が通っている幼稚園に行って、ギターを弾いて歌って聴かせるのだそうだが、「またへんなおじいちゃんがきてる」と園児たちから不審がられているそうな。私はいつのころからかディランは宮沢賢治に似ていると思うようになった。なんべん読んでもわけがわからん詩。でも言葉がキラキラして読む人を引きつける。でもときどきわかりやすいふつうの言葉を使って深いことを表現する。(「雨ニモ負ケズ」と「フォーエバーヤング」)

 (もう一つ興味を引かれるのがユダヤ人という人種についてである。ボブ・ディランの祖父母はユダヤ系のロシア移民である。この後で触れるマーラーもバーンスタインもサイモン&ガーファンクルもユダヤ人である。これはまた考え出したらキリがないから、また別にしよう。)

 私はステレオも待たないのだが、レコードだけはなけなしの金をはたいて買っていた。はじめてステレオを買ったのは大学に入ってアルバイトで稼いだお金が貯まってからである。最初にかけたのはディランだったかビートルズだったか。寝ても覚めても聴いていた。さてまた高校時代に戻る。

P3060032.JPG