So-net無料ブログ作成

10.表銀座コースを燕岳、大天井岳から槍ヶ岳へ [私の山歩き]

 この記事を書こうと思って、昔買った北アルプスの山岳地図を開いたら、当時私が書いた計画書が出てきた。
(1984年)8月11日(土) 新宿駅23:30発アルプス57号
8月12日(日) 有明5:20発バスで中房温泉6:20着 朝食後7:10発燕山荘11:50着 昼食後大天井岳着16:00 大天荘(泊)
8月13日(月) 朝食後大天荘発6:00 西岳9:00 槍ヶ岳山荘13:00(昼食) 槍ヶ岳山頂往復(夕食、泊)
8月14日(火) 朝食後槍の穂往復 槍沢ロッジ 横尾11:20 上高地15:10 バスで新島々 電車で松本 松本発19:21あずさ24号で新宿着22:25

 というような予定が書かれている。この通りで実行しているが、いくつか計画が甘かったと思うことがあった。普通は山中の1泊目は燕山荘とガイドしてあるのだが、少しでも距離を稼ごうと思ったのと、燕山荘は泊まり客が多いので、大天井岳までがんばったことだ。大天井岳は実に大きい山で、表銀座コースから折れて山頂へと登る登山道がきつくて長い。参加者に1人いた女性がバテてしまって動けなくなったことだ。休みながら登ったのでなんとか無事だったが、少し欲張りすぎだった。翌朝、山頂から眺めた有明け空の月が実にきれいだった。ちなみに大天井岳はオテンショダケとずっと読んでいたが、地図にはダイテンジョウダケとべたな読みがついている。どれが正しいんだろう。

 13日に大天荘を出発して表銀座コース上にある大天井ヒュッテまで下りると、燕山荘から出発してきた人たちと一緒になった。こうやって大天井岳をバイパスすれば楽だったんだが、もうひと山登ったんだからよしとしよう。さてここからが表銀座コースのメインである。真夏の晴天である。空気は澄んで見晴らしはどこまでもきく。ここから西岳に行く著中で、ロサンゼルスオリンピックののマラソン中継をラジオで聞いたのだった。アメリカは12日の日曜日で、オリンピック最終日だったのだ。西岳で水を買った。稜線上の山小屋なので水場がないのだ。

 西岳からは東鎌尾根をはしごや鎖を使いながらフウフウ言いながら登る。やっとこさ、槍の肩の槍ヶ岳山荘に着く。チェックインしたものの、天気が悪くなってきたので、槍の穂(山頂)へは翌朝登ることにした。山荘前のベンチで休んでいると、目の前に東海大学(だったか?)医学部の夏期の診療所があったので、興味に駆られてスタッフの人に質問してみた。「この槍の穂を登る人でけが人は多いですか?」と聞いたら、「いや、そんなことはないです。みんな緊張して登っているので、意外とケガはないんです」ということだった。多いのはやはりいわゆる高山病で頭痛や吐き気などである。
 
 翌朝は雨上がりで、槍の穂はガスがかかっていたが、とにかく登ることにして、行列の後ろについた。三点確保を守りながら、ぐんぐんと登っていく。登りと下りはぶつからないようにルートがついているが、山頂直下は登りと下りががっちゃんこするので、交互に譲りながら登る。山頂の祠の前まで行くと、まだ少しガスがかかっているもののだいぶ見晴らしがよくなっていた。そしてブロッケンの妖怪が見えたのである。光背を背負った私の影が正面のガスに映っている。太陽の位置とガスのかかり具合がちょうどそういう条件を整えたのである。

 槍ヶ岳登頂を終えればあとはひたすら下りである。この時から約10年後には逆に槍沢を登って、槍ヶ岳から大キレットを経て、北穂高岳へと登ったが、この時はそんな余裕はない。槍沢を横尾まで下りて、上高地まで7時間ほどをひたすら歩く。もう脚はくたくたである。

9.蝶が岳と燕岳 [私の山歩き]

 槍・穂高はやはりだれでも登りたい山だが、行けばそう危険なこともないのだが、行くまでは緊張するものだ。危険はないと言ったが、これは体力が普通にあり、天候に恵まれればという話である。どの山でも同じである。だから槍の穂でも、大キレットでも体力と天候がよければだれでも登れる。

 われわれは槍・穂高に行く前に、上高地から蝶が岳に登っているし、中房温泉から燕岳にも登っている。蝶が岳に登ったのは、最初は上高地から徳沢を経て、槍沢をつめて槍ヶ岳に登るつもりだったのだが、何せ、これくらいの高い山は初心者ばかり。天候もあって、横尾から急遽、蝶が岳に進路変更したのだった。蝶が岳に登る途中の山腹から初めて眺めた槍ヶ岳には感動したものだ。

 蝶が岳は梓川の谷間を挟んで、槍・穂高連峰と向かいあっている。だから槍・穂高の眺めはすこぶるいい、山頂に連なる稜線は二重稜線と言う珍しい地形もある。稜線が二本走っているのだ。蝶が岳ヒュッテというしゃれた山小屋もあって、ここへはまた後年、子供2人含めた家族連れで訪れている。このときは常念岳から蝶が岳へと縦走したのだった。これは結構きつかった。ウスユキソウが咲いていた。

 槍や穂高に登るときに、また、それらの山から下りてから、上高地は10回ほど行っている。これは尾瀬と同じ回数くらいだ。特に夏休みは人出が多い。人、人、人であふれかえっている。おなじみの河童橋からの穂高岳の眺めはさすが絵になる。でもやはり山に登らなければ上高地止まりではつまらないだろう。上高地から梓川沿いを徳沢、横尾へと歩くと、森の中を移動する猿の群れが多く見られる。途中の茶屋などで売っている青リンゴもうまい。ただし、歩く人を追い越していく徳沢園や横尾山荘などのジープや軽トラはすこぶる興ざめである。

 燕岳もすばらしい山だ。ここへは関連会社の若い女性連も一緒に登った。合戦尾根というこれまた登りっぱなしの馬鹿尾根をひたすら登ればそのうち稜線に出る。稜線にでたら左手に燕山荘があり、右に30分ほど登れば燕岳山頂に着く。左手に進めば、表銀座コースで、槍ヶ岳を右手に見ながら歩く。天気がよければ最高の気分を味わえる。

 最初に登ったときはこの燕山荘に泊まって、山頂を往復し、翌日の朝は表銀座コースを大天井岳方面へ散歩して、蛙岩(げえろいわ)というところから引き返してきた。山荘に泊まっていたとき、ちょうどヘリコプターによる荷揚げをやっていた。ヘリコプターからつるしたでっかい網に詰めた食料その他を山荘近くに下ろすのだが、下ろした場所が悪かったのか、缶ビールが大量に谷間に転げ落ちた。缶が破裂するプシュ、プシュという音が谷間に響いていたのをいまでも思い出す。妙なことを覚えているものである。翌日は同じコースを下りて、安曇野のワサビ田や荻原守衛・碌山美術館を見学した。これはいい旅だったな。

 蝶が岳、燕岳のあとに表銀座コースを縦走することにした。これはいつであったかがはっきりわかる。ちょうどこのときロサンゼルスオリンピックが行われており、マラソンレースの模様を携帯ラジオで聴いていたのを覚えているからである。瀬古さん、増田さんが走って全く振るわなかった年である。1984(昭和59)年夏である。

8.はじめての南八ヶ岳縦走 [私の山歩き]

 八ヶ岳にも先に書いた北八ヶ岳を含めれば、4回登っている。東京からだと比較的容易にアルペン気分が味わえるのが南八ヶ岳である。まわりから独立した連峰だから、見晴らしも良くすこぶる気分のいい稜線歩きができる。話は飛ぶが、「八ヶ岳」という昔のフォークソングがある。高石友也作詞/杉田二郎作曲のなんとも甘ったるい昔のラブソングだが、聴けばホロッとするから、昔の若者は甘いのである。これは「神田川」などという曲を聴いてもわかる。なんだかんだ言ってもすぐ感傷的で甘くなる。

 さてさて、われわれが本格的に八ヶ岳縦走をしたのは、80年代前半だったろう、だいたいメンバーが20台終わりごろ、まだ女性はいなかった。おなじみの中央線最終の登山列車に乗って茅野まで。そこからバスで美濃戸口までいって、赤岳鉱泉からまず硫黄岳を目指す。硫黄岳頂上はでっかい噴火口である。われわれが最初に登ったときはガスが立ちこめて、見晴らしは良くなかった。硫黄岳石室という山小屋に泊まる。小屋の脇には主人が栽培しているコマクサが繁茂している。

 翌日は硫黄岳をあとにして、横岳から赤岳へと続く気持ちの良い稜線歩きである。とくに横岳から赤岳に向かうコースはスリル満点である。7、8年後に、家族4人でこれとは逆コースで縦走したことがあった。行者小屋から阿弥陀岳に登り、赤岳、横岳、硫黄岳から赤岳鉱泉に下りるコースだった。娘はまだ小学校低学年だったが、スカートに運動靴という出で立ちでこのコースを歩いた。いい思い出だが、本人はどこをどう歩いたかちゃんとは憶えていないらしい。今、調べたら、この家族で縦走した年は1988年であった。山小屋でNHK大河ドラマ「武田信玄」(中井貴一主演)を息子が熱心に見ていたのを思い出したのだ。息子が9歳、娘が6歳で、小学4年生と1年生であった。当時から息子は大河ドラマを熱心に見ていたが、こういった本格的な時代ものが最近は少なくなったね。

 横岳の荒々しい山頂を越して、いったん下って、頂上直下の急登をあえぎながら赤岳山頂に着く。南、中央、北アルプスから富士山まで眺めは360°最高。山頂は2つあって北峰と南峰で、南峯の方が高いんじゃなかったか。南峯から急なガレ場を下る。右へ曲がれば阿弥陀岳の登りに、まっすぐ進めば権現岳への登りになる。この2つの山は後年登ることになる。今回は左に折れて新教寺尾根を清里に向かって下ることにした。えんえん下って3時間20分ほどで美しの森という避暑地につく。当時、清里周辺は若者に大変人気で、女子大生などがテニスに興じていて、たいそうにぎわっていた。われわれが下りてきたときはちょうど土砂降りの雨が降ってきて、びしょぬれで泥だらけになっていた。そこから逃げるようにバスで清里まで下りてきた。なにも逃げる必要はないのだが、一刻も早く立ち去りたかったのだ。

 高原列車が走る小海線から眺める八ヶ岳もまた絶景である。野辺山にはでっかいパラボラアンテナが立つ天文台もあって独特の風景である。小海線はまた後年奥秩父に登ったときに通ることになる。小淵沢で中央線に乗り換えて新宿まで帰途についた。列車で一緒になった2人の若いロッククライマーの話(墜落事故など)がリアルで今も強く印象に残っている。

7.カタキ討ちの北岳と白峰三山 [私の山歩き]

 ここまで、あちこちの山に登っても、それが何年何月のことであったか記録などしていないので、だいたいこの年あたりだろうと書いてきたが、強く印象に残る出来事と一緒に思い出すことができれば、そうかあれは○年の夏であったかなどと、その年を決めることができる。

 学生時代に、北岳に登ってえらいめにあった(1972年)ことはすでに書いた。私のなかではどうしてもそのときのカタキをとりたいとずっと思っていた。それで、鳳凰三山に登った年の翌年あたりに1人で北岳に登った。天気にも恵まれて、大樺沢をつめて北岳山荘に泊まり、山頂を経て、学生時代と同じコースで下りてきた。(北岳山荘は1978年にできている。私が学生時代に泊まった北岳小屋はそのころはもう使われていない)。その頃から増えてきた韓国のツアーの人たちと山頂近くで一緒になったのでよく覚えている。これが学生時代の北岳からほぼ十数年後の1980年代の前半であったと思う。その年から少しあと、今度は山歩部の仲間と一緒に、白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)を縦走しようという計画を立てた。3000m超の三つの山を縦走する、北部南アルプスではとても人気があるコースである。夜行プラス2泊の日程だ。

 これが、1985年、昭和60年の夏休みだった。これははっきりしている。なぜかと言えば、出発の日の数日前、8月12日は日航ジャンボ機が御巣鷹の尾根に墜落した日だったのである。小生32歳の夏である。大樺沢を上り詰めて、八本歯のコルに立ったとき、まっすぐ後方(東方)が墜落現場の方角であった。この日もよく晴れていた。岩場をハシゴやクサリを使いながら北岳頂上に向かう途中には、ここにしか生えないというキタダケソウも咲いていた。

 北岳頂上から北岳山荘へと下りたのが午後まだ明るい時間だった。お盆休みということもあり、小屋は満員である。広い板の間に大勢さんで雑魚寝であった。夕方外へ出てみると、伊奈谷から登ってきた雲が小屋が立つ稜線を超えて滝雲となって反対側の野呂川の谷間へすごいスピードで落ちていた。あんなことがあるんだね。

 翌日は、中白根(3055m)を経て間ノ岳(3189)、西農鳥岳(3050)、農鳥岳(3025)とアップダウンを繰り返しながらの雲上の稜線歩きである。暑いが、澄んで乾いた空気なので、とても爽快である。登りはきついが。このコースは、数年後、私の長男が中学生になった頃、2人で全く同じコースでたどっている。このときは雷鳥がたくさんいた。登山者が通る道が砂状になっているので、人が通るにもかまわず、砂浴びをしているのである。しかもヒナを数羽も引き連れて。むろんだれも雷鳥をおどかしたりしないので、すっかり安心している。

 正面にでっかい塩見岳、後方に仙丈ヶ岳や甲斐駒ヶ岳が形良く見える。間ノ岳あたりが、山梨県、静岡県、長野県の県境がYの字に交わる交点になっている。東側が山梨県、西側が伊那谷そして中央アルプスと続く長野県、南側がさらに3000m超の山が続く静岡県である。深閑としたした空間にたたずんでいると、頭の中が遥かかなたの何かを見ているようなな何とも言えない気分になってくる。

 農鳥岳から大門沢に向かって下りる。沢近くにある大門沢小屋が山小屋の2泊目だ。妙なことを覚えているが、ここの経営者の名前が深沢さんという名前だった。高校時代から深沢七郎の小説はよく読んでいた。『笛吹川』には大変感動した。そうか、甲州に多い名前なんだな、と考えたことを思い出す。夜寝ていると、沢の音がゴーゴーと大きく響いていた。そしてカジカの鳴き声。あれほどのカジカの合唱は生まれて初めてであった。(「鰍沢」の舞台も近くだな。あれは怖い話だ。)

 翌日は下りに下って脚が棒になってしまったが、ふもとの奈良田温泉に入ってビールを飲んだら、すっかり生き返った。宿のマイクロバスで下部温泉まで送ってもらった。町に下りてきたら、すさまじいほどの暑さの盆地の夏である。線路脇にひまわりが揺れる身延線の電車に揺られながら甲府へと、そこからは中央線で新宿へと帰っていった。