So-net無料ブログ作成
検索選択

13.奥多摩三山 御前山〜小河内峠、トリカブト、警察無線 [(番外編4)私の山歩き]

 よく難読地名として挙げられるのが人里である。接したことがない人は絶対に読めない。「へんぼり」と読む。近くには笛吹という集落もあって、こちらは「うずしき」という。古代に朝鮮半島から渡ってきた人たちが作った集落ではないかという説がある。埼玉には高麗(こま)というところがあって、高麗神社という立派なお社もある。唐・新羅に滅ぼされた高句麗の人たちが日本に亡命してきたときに、朝廷が住まわせたという。

 人里や笛吹という集落のある谷間の南側が笹尾根で北側が浅間尾根だ。仲ノ平から西原峠とは逆に北側に登って、浅間尾根を秋川方向に歩くのも気持ちがいい。この道も途中、馬頭観音が祀ってあるところがあるので、昔は普通に人や馬が往来していた道であることがわかる。雨で川が氾濫して通れなくなる川筋の道より、尾根筋の道のほうが安全で丈夫なのである。

 一度、春先、花が咲き出す頃に歩いたことがあるが、人里峠の先、浅間嶺(せんげんれい)につくと、レンギョウやヤマブキやツツジが花盛りでまるで桃源郷のようであった。ここからさらに歩くと、払沢(ほっさわ)の滝に出る。

 この浅間尾根の北側の谷間を流れる秋川上流の北秋川のどん詰まりに、藤倉という集落がある。ここから御前山いたる登山道は人があまり通らず、道も荒れているが、晩秋、枯れ葉に埋もれた小河内峠のあたりは、奥多摩湖(小河内ダム)を眼下に望んで、静寂の空間がとても清々しい。ここから御前山手前の惣岳山へ険しい登りが続く。ここまで登れば御前山山頂はすぐだ。いつか秋に登ったときはこの辺り一面にミヤマトリカブトの花が群落で満開だった。実に鮮やかな紫色である。

 御前山は今は奥多摩駅から奥多摩湖までバスで行って、小河内ダムを渡ってすぐに登山道に取り付くコースが一般的になっているが、30年前頃までは奥多摩湖の南側の淵ををずいぶんと歩いて、小河内峠へ登るコースだった。しかしこのコースは今は歩けない。だから小河内峠コースは武蔵五日市からのバスで藤倉まで行くことになる。

 さて、御前山からの下りは、栃寄沢を境橋へと沢筋の道を下りて、奥多摩駅へのバスに乗るのが近いが、この道は沢に道がついているので石だらけでとても歩きにくく、また、途中からは舗装道路を延々と歩くので、一度行っただけでいやになってしまった。だから、以前にも触れた湯久保尾根を下りることにする。ただ、春から初夏にかけては、ヤマブキ、ウツギ、ヤマアジサイなどの花がきれいだ。
 
 ある夏、1人で歩いたとき、ふもとの宮ヶ谷戸という集落に着いたが、武蔵五日市へ向かうバスが出たばかりで2時間近くも待たなければならなくなった。こういうことはままあることなので、待つか、と思ったが、なにせ日差しが強くてたまらん。タクシーを呼ぼうにも当時は携帯電話などない。ちょうど目の前に駐在所があったので、おまわりさんに「そこの電話を貸してもらえませんか」と頼んだら、「これは警察無線です!」とたしなめられてしまった。でも、親切なおまわりさんは、自分の宿舎に戻って、(ふつうの民間用の)電話をかけてタクシーを呼んでくれた。ああいう親切はいつまでも覚えているな。

12.奥多摩三山 三頭山〜数馬の湯、ブナ林、ドラム缶橋 [(番外編4)私の山歩き]

 奥多摩三山は三頭山(みとうさん、1531m)、御前山(ごぜんやま、1405m)、川乗山(川苔山、かわのりやま、1363m)である。2000メートルもないが、それぞれにハードな山である。しかし、日帰り登山にはぴったりで、私も何度となく通った。

 三頭山は東京都の最西部、奥多摩湖の南側で、三頭山に連なる笹尾根の南側は上野原町で山梨県になる。ふもとには数馬の湯や兜屋根の民家で有名な数馬である。信長軍に追われた甲州武者の落ち延びたところともいう。武蔵五日市駅から数馬行きのバスに乗って、終点手前の仲ノ平で下りて、西原(さいはら)峠へと登り始める。西原峠から北西へ尾根道を辿れば三頭山、南東へ辿れば生藤山方面へ。そこからずっと歩けば陣場山から高尾山へと続く。

04042910.P4290004.JPG


 この笹尾根をくりぬいて山梨側へ甲武トンネルが通じたのが1990年。長寿村で有名だった山梨県側の山村の食生活が一変し、芋類や穀類しか食べなかった長寿の親より都会から入ってきた肉類や加工食品を食べるようになった子供世代の方が先に寿命を終えるようになって、長寿村の名は言われなくなった。トンネル1本でこうなった。

 東京都にこんな村があるのかという光景は、奥多摩の奥の方へ行けば行くほどよく目にする。転げ落ちそうな傾斜の畑で、芋や野菜を作っている。見上げるような高さに民家がぽつぽつと並んでいる。夏はともかく、冬はさぞ寒さが厳しいだろうと思う。身土不二といい四里四方というが、わが身と生活する環境が一体のものとなっているから、そこですでに満たされており、外へは出る必要はないのだろう。それでも若い人は車で仕事や買い物に出かけるけどね。

 私はこの笹尾根を行ったり来たりした。三頭山方面と生藤山方面である。昔は沢筋の道よりこういった尾根道の方を人々は歩いたようで、武蔵、甲州、相模方面に、人々が往来する往還道だったところも多い。ところどころに道祖神が置かれていたりする。尾根道とはいえ、アップダウンもきつい。こういう道をわが脚だけをたよりにひたすら歩くのである。ただ、遥かな山々の眺めやあざやかな花々は疲れを忘れさせる。

画像 001.jpg

 
 三頭山はかなりハードな山で、山頂から下山するときは奥多摩湖の方へ下りる。いつのころからか都民の森とかいうけったいなゾーンができて、頂上直下から登って下りる人は増えたが、私のように尾根道をひたすら歩く人は少ない。新緑の頃はコナラなどの青葉やツツジ、ミズキ、タムシバなどの花がきれいで、山頂から奥多摩湖方面の道はみごとなブナの森である。脚が棒になり疲れ果てた頃に奥多摩湖に着く。ここから対岸へドラム缶橋を渡り、バスを待って奥多摩駅に帰るのである。

04042913.P4290034.JPG


04042915.P4290043.JPG


04042915.P4290045.JPG


【62】夏祭りとスーパー銭湯 [ほいくえん送迎記]

 私の住む団地と息子家族が住む隣の団地は毎夏、夏祭りをやる。私が最初引っ越してきた頃は、どの家族も同じような家族構成で、お盆になるとどの家も故郷に帰省するから、団地はガラガラになる。これは年末年始も同じ。ところが、それから30年以上経ってみると、これもまたどの家族も同じ、子どもたちは巣立っていって、残るのは団塊の世代を中心にした年配の夫婦ばかりとなる。お盆や正月は帰省する立場が帰省される側になってしまった。だから、団地はお年寄りばかりが目立つが、それなりに元気はつらつである。ウオーキングやジョギングに励む男女は朝の5時頃からいっぱいである。近くの公園では毎朝ラジオ体操。

 今年も早くから夏祭りの準備に励み、今年もこの週末16、17日と賑やかな祭りを実行した。私も10年ほど前、輪番制の自治会の役員をやってこの夏祭りを実行したのだが、自治会の仕事はほとんどがこの夏祭りの準備と言ってもいいくらいの大変さである。私が役員をやった年の数年前には、当時の自治会長さんが外部のイベント屋さんを雇って実行したことがあった。ところがこれが総すかんを食ったのだ。「なんで、自分たちでやらないんだ。外部の力を借りるなどとんでまない」というわけだ。祭りの準備や実行には多くのボランティアが必要になるが、そのボランティアの人たちが激怒してしまった。

 というわけで今年も自治会プラスボランティアで、この暑い中、多くの参加者を集め、無事成功裏に終えることができた。ヒトシとタックンも祭りの間中、御神輿を担いだり、事前に配られた引換券で模擬店で買い物したりと、はしゃぎ回っていた。この祭りの数日間は、独立して団地を出て行った息子娘たちの家族も帰ってくるようだ。

 このところヒトシが近所にあるいわゆるスーパー銭湯が大好きになり、休みの日などは「おじいちゃん、銭湯行こう」と誘いにくる。私も好きなので、毎週のようにヒトシを自転車に乗せて通っている。ヒトシは裸になると、大きな湯槽に入り、潜水ばかりしている。こうやって遊ぶのが気に入っているのだ。風呂から上がると、ジュースだ牛乳だと、これもお定まり。私は冷たい生ビールでも飲みたいところだが、帰りの自転車もあるので、家に着くまでの辛抱となる。


11.奥多摩、奥多摩 [(番外編4)私の山歩き]

 アルプスにも繰り返し行ったが、実は一番足しげく通ったのは奥多摩の山々である。雲取山のようなところは泊まりがけになるが、あとは日帰りがほとんどである。夏や秋の間、アルプス方面に行って、冬春は奥多摩周辺という使い分けでずっとやってきたのである。

 新宿駅からは休日には奥多摩駅行きと武蔵五日市駅行きの列車が連結されて運行されている。この電車には数えきれないほど乗っている。奥多摩駅は1971年までは氷川駅と言っていた。今現在の駅舎に建て替えられるまではまだ昔風の素朴な駅だった。冬などは山から下りてくるとここの売店でお燗をしたワンカップの日本酒を買って飲むのが無上の楽しみだった。鍋に沸かしたお湯にカップ酒が何本も温められている。これを駅のベンチや発車待ちをしているがらんとした電車の中で飲むのである。奥多摩というと、こんなことを一番に思い出すのだ。

 それと、とても好きな山道がある。雲取山から奥多摩駅方面まで伸びるのが石尾根だが、一名奥多摩スカイラインともいう。ずっと歩けば下りで6時間ほどかかる。これが一番いい。あと、大岳山から馬頭刈山方面への道、御前山へと登る小河内峠、逆に御前山から下る湯久保尾根、川乗山頂上直下の急坂、棒の折山へ登る沢沿いの白谷沢、こういったところが大好きで何度も通った。

 こういう道は、1人で歩いていると、誰にも会わないのでだんだん不安になってくることもあるが、アルプスのような険しさはないから、常に現在位置を知り、エスケープルートを意識していれば心穏やかに山歩きを楽しめる。石尾根などは稜線に防火帯が続いて広々として実に気持ちがいい。真っ青な空、雪をかぶった富士山。初夏はウツギ、ヤマブキ、ヤマツツジ、シロヤシオ、アカヤシオ、ホオノキ、キリ、フジなど、初秋になるとハギの花がきれいだ。梅雨前の初夏や少し風が涼しくなった初秋の雨の中を歩くのがよい。